クーポン検索.jp

海外利用のデビットカードを徹底比較!注意点を覚えよう♪




海外利用のデビットカードを徹底比較!注意点を覚えよう♪

1.デビットカードとクレジットカードの違い
2.利用限度額があるので安心です!
3.デビットカードは海外旅行にぴったり!
4.海外で使用できるデビットカードとは?
5.VISAのデビットカードが便利!
6.JCBのデビットカードが便利!
7.まとめ

海外旅行に行く時、一枚持っておくと心強い味方になるのが「デビットカード」です。

デビットカードの基礎知識、海外で利用使えるデビットカードを比較してご紹介します♪

1.デビットカードとクレジットカードの違いを知っておきましょう!

カード1枚で便利に買い物ができるという意味で、デビットカードとクレジットカードは「同じようなもの」だと考えている方も多いんです。

しかし、デビットカードとクレジットカードにはいくつかの大きな違いがあります。

まず1番違うポイントは「引き落としのタイミング」です。

クレジットカードを使った事がある人は分かると思いますが、クレジットカードを使って買い物をしても、銀行口座から使用分のお金が引き落とされるのは、1か月後、または2か月近く後です。

クレジットカードは利用した時と引き落としまでの間に「タイムラグ」があるので、ついお金を使い過ぎてしまうという現象が起こりますね。

しかし、デビットカードの場合は「即時引き落とし決済」です。

デビットカードで買い物をした瞬間、設定している銀行口座から使用した分の現金が引き落とされます。

感覚としては銀行のキャッシュカードを使って、買い物をしているような感覚です。

デビットカードは利用代金が即時口座から引き落とされる事で、お金の管理が楽になりますね♪




2.銀行口座の残高分しか使う事ができないので安心です!

また「使用できる金額」もデビットカードとクレジットカードでは、大きな違いがあります。

クレジットカードは、カード会社との契約で使用できる金額の上限額が違いますね?

「キャッシング10万円+ショッピング30万円」という契約を結んでいる人もいれば、「ほとんど上限なし」のクレジットカードを使用している人もいます。

これが、クレジットカードはお金を使い過ぎてしまうと言われている理由の1つです。

一方でデビットカードの場合は、「銀行口座残高の範囲内」でしか利用できません。

銀行口座に10万円しか入っていなければ、11万円の商品を購入する事ができません。とてもシンプルな仕組みので、お金を使い過ぎる心配がありませんね♪

デビットカードは、ほとんど現金を使っているような感覚ですが、現金を引き出すためにATMを探し回る必要がありません。

デビットカードは、ATMで現金を引き落として使うよりも楽で、クレジットカードのように使いすぎる危険性もない、便利で安全なカード決済システムなんです。




3.デビットカードは海外旅行にぴったり!

便利で安全が特徴のデビットカードは、慎重な性格の人でも使いやすいカードです。

特にデビットカードの利用に便利なシーンが「海外旅行」です。

海外旅行中に現金を使いたいと思うと、日本の通過「円」を用意して、両替所で現地で使えるお金に替える必要があります。

空港で両替をするとレートが悪いこともあるので、現地で両替をしようとする場合、両替所のある場所についての予備知識が必要になります。

始めて行く海外で、しかも少し治安が悪い旅行先の場合は、かなり苦戦するかもしれません。

両替所がみつかる前に、喉が渇いても、お水を購入する事すらできませんし、お腹が空いても食事をする事ができませんからね・・。

私の場合、初めてマレーシアの街中で10万円を現地通貨の「リンギット」に両替したとき。

両替所の中の人が、機械で札束を数えてから私に渡してきたのに・・。約1万円ほど抜いて渡してきました。(横にいた友人がマレーシアに慣れている人だったので、助かりましたが・・。)

両替所の中の人は、詐欺行為をしたのに笑って誤魔化しただけですからね。ここで海外旅行の怖さを思い知りました。

何しろ、タクシーメーターの進み方は各車ごとに違うし、乗る場所によって料金違うし、目的地を違うところに行くし・・。(勝手に降りて事無きを得ました。)

怖いですよね?

例えば、夜出発の飛行機に乗って夜中近くに現地に着いて、両替所をみつける事が出来なかった場合。

ホテルに行って何も食べる事ができずに、朝が来るのを待つ・・。このような思いを経験した方もいるかと思います。

このような状況でも、見知らぬ地ではクレジットカードを使用するのが怖くて、使用を我慢してしまう人がいます。

しかし、デビットカードであれば、余計な心配をせずに海外旅行中にでも利用する事ができるはずです。

これから海外旅行に行く人は、ぜひデビットカードも1枚用意しておきましょう。




4.海外で使用できるデビットカードとは?

デビットカードは、海外で使えるものと、海外で使えないものがあります。

デビットカードを用意する時に間違えないように注意しましょう!

海外で使えないデビットカードは、「J-Debtのデビットカード」で、海外で使えるデビットカードは、「VISAとJCBのデビットカード」です。

デビットカードの表にVISAもしくはJCBと書いてあるカードは、海外でも使用できるカードです。

J-Debtのデビットカードは、銀行など金融機関のキャッシュカードがデビットカードとしても使えるようになっているものです。

1000以上の金融機関のキャッシュカードにJ-Debtの機能が付帯されていて、国内ではとても便利に使う事ができます。ただし、使えるのは「国内だけ」です。

海外では使えないので、海外旅行で使いたいと思う人は、VISAとJCBのデビットカードを用意してください。

5.VISAのデビットカードが便利!

VisaデビットカードJCBデビットカードは、海外でもデビットカードとして使用できる便利なカードです♪

ただし、VISAとJCBのデビットカードは、J-Debitのデビットカードに比べて、発行している金融機関が少ないので注意が必要です。

そこで、最王手とも言える「VISAデビット」を発行している銀行をチェックしてみましょう!

「あおぞら銀行」(あおぞらキャッシュカード・プラス
「イオン銀行」(イオン銀行キャッシュ+デビット
「北國銀行」(北國Visaデビットカード
「近畿大阪銀行」(りそなデビットカード
「埼玉りそな銀行」(りそなデビットカード
「ジャパンネット銀行」(JNB Visaデビットカード
「住信SBIネット」(Visaデビット付キャッシュカード
「スルガ銀行」(SURUGA Visaデビット
「ソニー銀行」(Sony Bank WALLET
「三井住友銀行」(デビットカード(SMBCデビット)
「三菱UFJ銀行」(三菱UFJデビット
「楽天銀行」(楽天銀行デビットカード
「りそな銀行」(りそなデビットカード(Visaデビット)
「琉球銀行」(りゅうぎんVisaデビットカード

これらの銀行がVISAデビットカードを発行しています。

それぞれのデビットカードには特徴があり、現金での支払いよりも何かと得をするカードが多くなっています。

例えば、三菱UFJ銀行が発行している「三菱UFJデビット」は、利用した金額に応じて、翌月にキャッシュバックを受ける事ができます。

基本となるキャッシュバック還元率は0.2%なので、1000円の利用で2円がキャッシュバックされる計算になります。

年会費1,000円が必要ですが、年間10万円以上デビットカードを利用すると、翌年度の年会費が無料になります。

1ヶ月のデビットカード決済金額が2万円の場合、5か月で10万円を超えますので、デビットカードを現金払いに代わりにすれば、基本的に年会費は無料で済みます。

それでいて、キャッシュバックシステムがあるので、お得なカードだと言えるかと思います。

さらにユニークなのが、ソニー銀行が発行している「Sony Bank WALLET」です。

ソニー銀行で口座を作ると、自動的にデビットカード機能が付帯されたキャッシュカードを受け取る事ができます。

さらに「優遇プログラム Club S」のステージによってキャッシュバック率が上がり、0.5%〜2%のキャッシュバックを受ける事ができます。しかも年会費は無料です!(すごいですよね!)

「2%」ものキャッシュバックとなると、クレジットカードのポイント還元率よりも高い設定なので、かなりお得だと言えます!




6.JCBのデビットカードが便利!

次に、JCBのデビットカードを発行している銀行を確認してみましょう!

「イオン銀行」
「愛媛銀行」
「大垣共立銀行」
「北洋銀行楽天銀行」
「北九州銀行」
「セブン銀行」
「東邦銀行」
「千葉銀行」
「西日本シティ銀行」
「福岡銀行」
「みずほ銀行」
「もみじ銀行」
「山口銀行」
「楽天銀行」

といった銀行があります。

楽天銀行が発行する「楽天銀行デビットカード(JCB)」は100円の利用ごとに、1ポイントが付与される、かなりポイント還元率が良いカードです。

しかも年会費が無料なので、持っていて損がないカードと言えますね♪

他にも、イオン銀行が発行している「イオン銀行キャッシュ+デビット」「イオンデビットカード」は、イオンのショッピングモールで休日を過ごす事が多い人におすすめのデビットカードです。

毎月20日、30日の「イオンお客様感謝デー」に、イオングループのショップで「イオン銀行のデビットカード」を使うと、5%オフで買い物が出来ます。

さらに、イオンお客様感謝デーに限らず、イオンシネマの料金が300円引きになりますし、毎月10日はポイント還元率が2.5%と非常に高くなります。

年会費も無料なので、持っていて損がないカードです!




7.まとめ

デビットカードは、知れば知るほど便利で使いやすいカードですね♪

もし自分のメインバンクが、海外でも使えるデビットカードを発行していたら、ぜひ海外旅行に備えて1枚作ってみてはいかがでしょうか?